2019年9月10日火曜日

DODGE VIPERタイヤ交換・アライメント調整


今回はダッヂバイパーのタイヤ交換をご依頼いただきました。
DODGE VIPER GTSの最終モデルのタイヤサイズは、

フロント:275/35ZR18
リア:345/30ZR19

このサイズのタイヤは国内にはほとんど流通しておらず、有ったとしてもかなりの高額だった様で、お客様はタイヤ探しにかなり苦労されたそうです。
今回お選びいただいたタイヤは、MICHELIN Pilot Super Sport




ドライグリップの高さはもちろん、ウェット路面でのグリップ、高速走行時の強度も優れ、装着されたお客様からの満足度もかなり高いタイヤです。
有限会社エバーグリーンコーポレーションでは、国内に流通していない銘柄、サイズのタイヤも海外から直接お取り寄せしております。

ご注文から10日程度で入荷し、タイヤ交換、バランス取りはプロフェッショナル小山自動車さんにお願いいたしました。

さすがに345/30ZR19サイズのタイヤ交換はホイールに組んだ状態では相当な重さとなります。




小山自動車さんでは最新のホイールバランサー、 HUNTER  GSP9700 を導入されていますので、実際の走行状態に近い状態を再現し、ホイールとタイヤのバランスを測定、調整することが出来ます。





このバランサーとアライメント調整があれば、タイヤバランスの問題は相当解決されることでしょう。

タイヤ交換の後は、きっちりとアライメント調整をしていただきました。
ダッヂバイパーのサスペンションはトー、キャスター角、キャンバー等全てを調整できるかなり凝った造りになっているそうで、調整の項目は多いですがその分理想的な状態に近づけることが出来ます。






タイヤ交換、アライメント調整の効果は絶大だったようで、お客様には大変喜んでいただきました。

直進安定性がかなり改善され、不正路面でハンドルを取られることも無くなり、とても乗りやすくなったそうです。
また、乗り心地もかなり改善されたようで、助手席の奥様も喜ばれていらっしゃるそうです。

ダッヂバイパーのタイヤ選び、タイヤ交換でお困りの際は、どうぞお気軽にお問い合わせください!


有限会社エバーグリーンコーポレーション

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...