2020年1月14日火曜日

サーキットコンペティションタイヤのご紹介


よりタイムアップを狙うお客様からお問い合わせの多いサーキットコンペティションタイヤですが、有限会社エバーグリーンコーポレーションでは各種お取り扱いしております。

HOOSIER A7&R7


20インチサイズまでラインナップされているHOOSIER A7(ソフト)、HOOSIER R7(ミディアム)がサイズラインナップも多く、グリップも強力でイチオシのタイヤとなります。
お客様からのフードバックによりますと、国産セミレーシングタイヤ(Sタイヤ)よりも岡山国際サーキットでは2秒近くタイムアップされたとのことです。
ただ、セミレーシングタイヤと比べて冷えた状態ではグリップをしないめ、タイヤ温度管理やタイヤの慣らしがより重要となります。

BF Goodrich G-FORCE R1S&R1


続いてお問い合わせの多いタイヤがBF Goodrich G-FORCE R1S(ソフト)BF Goodrich G-FORCE R1(ミディアム)です。
HOOSIERタイヤはタイヤ温度域によってソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドを使い分ける形となりますが、G-FORCE R1S&R1はHOOSIER程シビアな使用温度設定とはなっていないようで、用途により使い分けるタイヤとなります。
具体的には早くタイヤグリップを発揮して欲しい予選、タイムアタック或いは短いスプリントレースにはR1S(ソフト)
決勝レース、耐久レースにはR1(ミディアム)と使い分けていただくとよろしいかと思います。

G-FORCE R1S&R1サイズラインナップ


[BF Goodrich g-Force R1Sソフト]
15インチ
P205/50ZR15 84W
P225/45ZR15 81W
P225/50ZR15 90W

16インチ
P275/45ZR16 94W

17インチ
P215/40ZR17 79W
P225/45ZR17 84W
P235/40ZR17 84W
P245/40ZR17 86W
P275/40ZR17 93W

18インチ
P225/40ZR18 83W
P245/40ZR18 88W
P265/35ZR18 85W
P275/35ZR18 87W
P285/30ZR18 86W
P315/30ZR18 91W

[BF Goodrich g-Force R1ミディアム]
15インチ
P205/50ZR15 84W
P225/50ZR15 90W

17インチ
P225/45ZR17 84W
P245/40ZR17 86W
P245/40ZR17 86W

18インチ
P245/40ZR18 88W
P275/35ZR18 87W
P285/30ZR18 86W

HANKOOK Ventus Z214


未だにお問い合わせの多いHANKOOK Ventus Z214ですが、こちらは使用される路面温度によりソフトコンパウンドとミディアムコンパウンドを使い分けていただくタイヤとなります。
ただ、モデル末期の為か現在はかなりサイズラインナップが絞られてきているようです。

HANKOOK Ventus Z214サイズラインナップ


14インチ
225/50ZR14

16インチ
205/50ZR16
225/50ZR16

今回ご紹介したサーキットコンペティションタイヤは装着する車輌重量により最適な空気圧設定、サスペンションのキャンバー角設定の数値がございます。
細かいセッティングなど、こちらをご覧下さい。


タイヤ性能をフルに発揮させる為、また磨耗や性能低下を緩やかにする為に、メーカーからタイヤのランニングイン(ヒートサイクル)が強く推奨されています。

エバーグリーンコーポレーションでは、出荷前に専用の設備で最適な温度管理の元、ヒートサイクル処理を施してから出荷するサービスを行っております。

詳しくはご注文時にお問合せ下さい。
[これらの商品はヒートサイクルをお勧めします]


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...